妊娠するためにしたこと効いたこと

妊娠するためにしたこと効いたこと

赤ちゃんを妊娠するために効果があったと思われることをご紹介します。

 

葉酸サプリメント
妊娠すると母体や胎児のために多くのビタミンが必要になります。しかし、妊娠前からも妊娠するためにビタミンは必要なのです。葉酸はビタミンBになります。厚生労働省でも妊娠のためには葉酸をとるように勧めています。栄養のバランスに気を付けることは当然ですが葉酸を含んでいるサプリをとることをお勧めします。赤ちゃんが欲しい女性はほとんど例外なく葉酸サプリを摂取しています。たいていの産婦人科の窓口には「葉酸サプリをとりましょう」というようなパンフレットがあるはずです。葉酸は緑の葉っぱに多く含まれます。野菜で言えば、ほうれん草、ブロッコリー、アスパラガス、白菜、レタス、カリフラワーなどに多く含まれています。注意するのは多くとれば多くとるほどいいのかというとそうではありません。摂取量は1日400マイクログラムと言われています。これは野菜の約400グラム程度とされます。毎日この量の野菜を食べても含まれている葉酸400マイクログラムが必ず摂取できるわけではありません。なぜなら一定量の野菜を食べても必ず必要量の葉酸が吸収できるとは限らないからです。葉酸はぜんまいなどに多く含まれるので積極的に食べたいものです。その他、イチゴや夏みかんなどの果物類、さつまいも、日本かぼちゃ、大豆、そら豆、納豆、あまのりなどにも多く含まれます。
葉酸一定量を摂取したいのならサプリメントで補給しましょう。

高齢赤ちゃん

↑詳細は今すぐクリック!

 

サプリメントのマカ
特に男女とも体に問題がなく検査でも異常がないのに不妊となっている場合は全身の機能を向上させるためにマカが効果があるとされています。マカはペルーのアブラナ科の多年生植物です。現在マカは特に不妊治療に人気があります。マカには、その成分に血流を良くするアルギニンなどのアミノ酸類がたくさんふくまれています。アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進します。それでマカには、体の機能の低下を回復させる効果があるとされています。体の機能回復は女性だけでなく男性にも言えることなので男性が摂取することも必要です。しかし注意しなければならないのはマカさえ飲んでいれば妊娠するというものではありませんのでご注意ください。

サフラン

↑詳細は今すぐクリック!

 

タンポポ茶タンポポコ−ヒ−
タンポポは従来、健康のために良いとされていました。母乳がよく出たり、便秘の解消やホルモンの調整にも良いとされています。そういう意味では不妊にも期待が持てる植物です。中国では漢方薬として利用されていました。また、タンポポには体の老廃物を体外に排出する利尿作用の働きがあり、生活習慣病の改善に良いとされています。タンポポはキク科の植物で、日本はもちろん世界中にある植物で食べることができます。日本でも薬としてタンポポが使われたり食べる習慣もあったようです。タンポポは昔から母乳の出をよくする薬としても有名です。さらに胃にはとくに良いようです。強壮効果もあり、女性の冷え性には、タンポポ茶がおすすめです。

たんぽぽ茶

↑詳細は今すぐクリック!