赤ちゃんがどうしても欲しいと思ってる人は読んでください

"赤ちゃんが欲しい"と思ってもなかなか妊娠しないという方が多くおいでます。結婚何年目だからなんてのはあんまりあてにはなりません。

自分の両親やご主人の両親に「子供は?」と聞かれたりすると、まるで自分が何か病気か何かのようにさえ見られているのではないかと思ったりします。育児ノイロ-ゼならぬ妊娠ノイロ-ゼ!
どうしたら赤ちゃんを妊娠することができるんでしょうか?
多くの方が思っているのは「避妊をしなければ妊娠することができる」と思っていることです。
しかし、人間は他の動物と違ってなかなか妊娠しにくいものなのです。
確かに自分たちのおじいさんやおばあさんの世代やその上の世代の方たちにはたくさんの兄弟姉妹がおいでて5、6人いるのは当たり前、中には10人ぐらいの兄弟姉妹がいて、時には自分より後に生まれたおじさんやおばさんがいたりした場合もありました。

夫婦とも体も健康でどこといって問題もないのだから妊娠さえ計画すれば子供が生まれるというのは不自然なことではありません。しかし、立派な体格をしていても子宮の発育不全や男性側の精子の減少などから妊娠に結び付かない場合もあるのです。

 

現在の若い人の思いはどうでしょうか?
晩婚、少子化、子供が生まれたら「教育資金」もあるしとなっているようになかなか踏み切れない現実もあるのでしょうが、いざ"赤ちゃんが欲しい"と避妊を止めて排卵時を見越して行為しても簡単に妊娠に結び付かない場合が多くあります。これには現在の若い世代の体が自然妊娠しにくいようになっていることが原因にあるように思えます。しかし多くの場合、子供を産めないような体になっているのではありません。ただ妊娠する機能が低下しているだけなのです。その証拠に現在では体外受精で生まれる子供が年間3万人以上いるのです。
あきらめなければ大丈夫です。このペ−ジで赤ちゃんを妊娠する方法についていろいろ考え工夫してみてください。

 

高齢赤ちゃん

↑詳細は今すぐクリック!